工法紹介

ホーム > 工法紹介

K-gen工法のメリット

1. 建物の液状化を軽減する。
2. 従来では困難だった狭い場所でも施工が可能。
3. 従来の施工費より大幅なコストダウンを実現。

戸建て住宅の液状化被害形態と対策

平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、戸建て住宅の沈下・傾き等の液状化被害は1都8県にまたがり27,000棟にも及びました。

【写真】戸建て住宅の液状化被害形態と対策

本格的な対策と住宅業界の現状

軟弱地盤を締め固める一般的な液状化対策工事は、主に大規模な構造物が対象で戸建て住宅の建設費と比べ高額でした。

【写真】本格的な対策と住宅業界の現状

K-gen工法開発のヒント

戸建て住宅の下の地盤に薄いパネルを用いて囲い込むことで地盤が液状化しても土の移動を抑制し、不同沈下量を少なくすることで被害を軽減します。

【写真】本格的な対策と住宅業界の現状

標準矢板の接続

K-gen工法開発のヒント

戸建て程度の小規模建築物であれば、大規模な構造物に比べて荷重が小さいため、パネル長さを短くすることが可能となり、対策コストを軽減します。

【写真】K-gen工法開発のヒント

薄鋼矢板の囲い込み

このページの先頭へ戻る