メディアでの紹介

ホーム > 論文等

外部公表一覧表


  論文名称 時期 発行
発表者 著者
1 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法の開発
―1/4スケール振動台実験―
2015年12月 日本地震工学会
金子雅文 安田 進、平出 務、金子雅文、
三上和久、尾澤知憲
2 Residual deformation analyses to demonstrate the effect of thin steel sheet piles on liquefaction-induced penetration settlement of wooden houses. 2015年11月 6th International Conference on
Eartquake Geotechnical Engineering
Takuya KOIZUMI Susumu YASUDA ,Masafumi KANEKO
and Keisuke ISHIKAWA
3 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法の開発
-入力条件および偏荷重による影響-
2015年9月 2015年度日本建築学会大会(関東)学術講演会
金子雅文 金子雅文、佐々木修平、三上和久、
尾澤知憲、平出 務
4 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究
-1/4模型振動台実験 矢板ひずみ分布について-
2015年9月 第70回土木学会年次学術講演会
金子雅文 金子雅文、安田 進、平出 務、
三上和久、尾澤知憲
5 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究
-地震波による影響-
2015年9月 第50回地盤工学研究発表会
金子雅文 金子雅文、佐々木修平、三上和久、
尾澤知憲、平出 務、安田 進
6 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法の開発
―1/4スケール振動台実験―
2014年12月 第14回日本地震工学シンポジウム
金子雅文 安田 進、平出 務、金子雅文、
三上和久、尾澤知憲
7 液状化層厚の違いによる薄鋼矢板を施した戸建て住宅のめり込み沈下量の評価 2014年10月 第11回地盤工学会 関東支部発表会
小泉卓也 安田 進、金子雅文、
石川敬祐、小泉卓也
8 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法の開発
-1/4スケール振動台実験-
2014年9月 2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会
金子雅文 金子雅文、平出 務、安田 進、
三上和久、尾澤知憲
9 薄鋼矢板を用いた戸建住宅の液状化被害軽減工法に関する実験的研究
-1/4模型振動実験-
2014年9月 第69回土木学会年次学術講演会
金子雅文 金子雅文、安田 進、平出 務、
三上和久、尾澤知憲
10 AN EXPERIMENTAL RESEARCH ON A REDUCTION METHOD
FOR LIQUEFACTION DAMAGE TO HOUSE USING THIN STEEL SHEET PILES
2014年8月 Second European Conference on Earthquake
Engineering and Seismology.
Masafumi Kaneko Masafumi Kaneko
and Susumu Yasuda
11 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究 その6
-1/4スケール実物大実験計画-
2014年7月 第49回地盤工学研究発表会
小泉卓也 安田 進、石川敬祐、平出 務、
金子雅文、三上和久、山本淳一、
小泉卓也
12 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究 その5
-1/4スケール実物大実験結果-
2014年7月 第49回地盤工学研究発表会
金子雅文 安田 進、平出 務、金子雅文、
三上和久、尾澤知憲
13 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究 その4
-1/4スケール実物大実験計画-
2014年7月 第49回地盤工学研究発表会
三上和久 安田 進、平出 務、金子雅文、
三上和久、尾澤知憲
14 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法の開発
-1/4スケール振動台実験および実用化に向けて-
2014年5月 地盤工学会特別シンポジウム
-東日本大震災を乗り越えて-
金子雅文 平出 務、安田 進、藤野 一、
金子雅文、佐々木修平、
三上和久、尾澤知憲
15 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究 その3
家屋荷重及び矢板形状が家屋沈下量に与える影響について
2013年10月 第10回地盤工学会 関東支部発表会
肥後成一 安田 進、藤野一、肥後成一
16 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究 その2
矢板ひずみ挙動および矢板の側方移動性について
2013年7月 第48回地盤工学研究発表会
野口千明 安田 進、佐々木修平、
野口千明、小澤直輝
17 薄鋼矢板を用いた液状化被害軽減工法に関する実験的研究 その1
矢板形状の違いによる家屋沈下量および間隙水圧の時間的変化について
2013年7月 第48回地盤工学研究発表会
佐々木修平 安田 進、佐々木修平、
野口千明、小澤直輝
このページの先頭へ戻る